ロゴ

御浜町での暮らしを考えるにあたり、大人はもちろん、お子さんのいる家庭にとっては特に、本の存在が重要であるという方も多いかもしれません。

実は図書館のない御浜町ですが、本を借りることのできる場所や本に触れる方法はいくつも用意されています。

御浜町中央公民館図書室

御浜町の中心にある御浜町中央公民館

御浜町で本を探すのならば、まずは御浜町中央公民館の中にある中央公民館図書室へ。約1万冊の蔵書があり、絵本、小説、郷土資料などなどジャンルも豊富です。

本の整理をする司書さん

2021年度には新たに司書さんが着任され、図書室の雰囲気も大きく変わり、利用者数や貸出数も大幅に増えているのだとか。

毎月70〜80冊ほど新しい本が追加され、本の入れ替えもどんどん行われています。新しく入った本とても人気で、小説や絵本などを中心にたくさん借りられているそうです。今回の取材中にもお子さん連れが何組も訪れていました。

図書室の入り口付近の壁には新しく入った本の書影が並べられている
図書室に入ってすぐの新しい本のコーナー
表紙が見えて選びやすい絵本のコーナー

規模としては決して大きくはない図書室ですが、本の一冊一冊に目がいくようにと、愛情を持って本が並べられていることがとてもよくわかる、アットホームで温かい空間です。

夏は涼しくて冬は暖かいフリースペースは読書や勉強に最適

中央公民館のフリースペースには大きな机や椅子が置かれ、絵本も陳列されています。七里御浜と海を横目に、広々とした空間でゆったり本を読むのもおすすめです。

中央公民館からも海を眺めることができる
約1万冊の本が並ぶ図書室の棚

毎月の新刊情報は御浜町のウェブサイトに書影付きでとても見やすく掲載されていますし、御浜中央公民館のInstagramでは、本の紹介やイベントのお知らせなどもされています。

月に一度「おはなしの会」も開催されており、どなたでも参加可能。季節に合わせた絵本の読み聞かせなど、親子で楽しめる内容が好評です。

本のリクエストなども受け付けてくれますし、中央公民館図書室にない本の取り寄せも行っていますので、まずはぜひ足を運んでみてください。

御浜町立中央公民館図書室

所在地三重県南牟婁郡御浜町阿田和4926-1
開館時間9:00~17:00
休館日月曜日
電話番号05979-2-3151
ホームページ御浜町中央公民館(図書室) Instagram

御浜町立尾呂志学園

尾呂志学園は小中一貫のコミュニティスクール

尾呂志地区にある御浜町立尾呂志学園小学校・中学校でも、学校図書館が所有する本を地域住民に貸し出しています。コミュニティスクールということもあり、地域との関わりも深く、開かれた学校なのです。

ノートに記入するだけで気軽に本を借りることができる

小中あわせて約9,000冊程の蔵書があり、絵本、児童文学、小説、漫画など種類も豊富。地域住民の利用もあることから、大人向けの書籍も並んでいます。

本のリクエストも受け付けているそうで、一般の方にもどんどん利用してほしいとのこと。

手前の校庭に加え、奥にももう一つ校庭が広がる

同じ御浜町内でも海沿いの地域とはまた違った雰囲気の、山あいにある尾呂志学園。広い校庭では年齢に関係なく集まった子どもたちが遊び、木造の校舎も公立と聞いて驚くほどの設備です。のびのびとした雰囲気で教育を受けさせたい、と学区外からの通学も多い学校です。

御浜町立尾呂志学園

所在地三重県南牟婁郡御浜町上野535-5
開館時間学校の開校時間内
休館日土・日・祝日
電話番号05979-4-1012
ホームページhttps://orosigakuen-miemihama.jimdofree.com

ピネまちかど子ども文庫

国道42号線沿いにある 道の駅 パーク七里御浜 ピネ 3階にあるのが「ピネ まちかど子ども文庫」です。図書館のない御浜町で図書室の充実を目指そうと、子どもと本に関心のある方たちが集まってつくったスペースで、いつでも誰でも本を借りることができます。

ここに集まっている本は全て寄付されたもので、読み終えた本の寄付も随時受け付けています。

絵本や児童書を中心に本が揃っている
手前のスペースには机と椅子が並べられ、自由に使うことができる
誰でも気軽に参加することのできるお話し会は月に一回開かれている

毎月第3土曜日にはお話し会「ソラーレ」が開催されています。まちかど子ども文庫のメンバーや、紀南高校の生徒たちが、絵本の読み聞かせ紙芝居、工作体験なども実施しています。

ピネ まちかど子ども文庫

所在地三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和4926-5-3階
利用可能時間9:00〜22:00
定休日年中無休
電話番号05979-2-3600 (パーク七里御浜株式会社)

町外の図書館も利用できる

御浜町内でも本に触れることのできる場所はいくつもありますが、町外の比較的大きな図書館を利用することもできます。

熊野市立図書館

御浜町の隣にある熊野市立図書館は、御浜町から車で約20分。蔵書数は約19万冊あり、絵本や児童書のラインナップも豊富です。熊野市駅からすぐの熊野市文化交流センター内にあるので、公共交通機関で訪問することもできます。

所在地三重県熊野市井戸町643-2
開館時間10:00〜19:00
休館日月曜日(祝日の場合は翌平日)
電話番号0597-89-3686
ホームページ熊野市立図書館ホームページ

新宮市立図書館

県をまたいだ和歌山県新宮市の新宮市立図書館も、御浜町から車で約20分。蔵書数は約11万冊で、2021年度にできたばかりの丹鶴ホール4階にあり、ガラス張りの窓から熊野川が見下ろせる素敵なロケーションです。

所在地和歌山県新宮市下本町2-2-1 丹鶴ホール4階
開館時間9:00〜18:00 (日曜日のみ17:00閉館)
休館日月曜日(祝日の場合は翌平日)、祝日の翌平日、
年末年始、館内整理日、特別整理期間
電話番号0735-22-2284

御浜町では、地域の小学校で定期的に読み聞かせを行ったり、学校図書や図書室の予算を増やすなどの行政としての取り組みに加え、地域の有志による活動も活発です。読書を大切に思う町の雰囲気もまた、御浜町の魅力のひとつではないでしょうか。

都会も良いけど、自然豊かな田舎暮らしもいいかも。
御浜町に移住するって、どんなだろう。気になった方は、こちらから

(2022年11月取材 文・本沢 結香)